FC2ブログ

高齢者講習(運転免許)

社会問題
09 /08 2019
昨日(2019年9月7日)75才以上の運転免許更新手続の第一関門としての
「認知機能検査」を受験してきました。

内容は、
①今日の年・月・日・曜日

②一度に4枚ずつ、計16枚の絵を見せられる。(あとで何が書いてあったか書く)


IMG_20190908_0001A.jpg
パターンA・B・C・Dの4種類しかない(全国統一)…昨日はAでした

③ランダムに書かれた数字の内、指示された数字(1・4の後1・4・5)を / で消す
exa_con22[1]

④ヒントなし再生~②で見せられた絵(16枚)の名前を書く(例:大砲等)

⑤手がかり再生~兵器・楽器等のヒントが与えられ、絵の名前を書く

⑥指示された時点の時刻の時計の絵を書く(現在時刻を推定し、時計の絵を描く)


①⑥は、認知症でない限り易しい問題

③は、覚えた絵を忘れさせる為の問題であり、採点しない
~採点外である事を知っていたので、一番前の席で半分位しかせず、ボートとしていると、試験官からまだ「5が沢山残っている」と注意されたので、「どうせ、採点しないのだから」と反論してしまった(減点される?)


「認知機能検査」の点数は、3つに分類され、
76点以上~記憶力・判断力に心配なし…2時間講習(5,100円)
75点以下~記憶力・判断力が、少し低下している…3時間講習(7,950円)
49点未満~記憶力・判断力が低くなっている…診断書提出又は、医師による臨時適性検査で認知症と診断されると運転免許取消

3週間以内に届く判定結果の葉書が届く ⇒ 自動車学校に「高齢者講習」を申込む
(全国的に大変混んでおり、5ヶ月以上待ちも)
昨日の自動車学校では、既に1月まで満員(2月分は10月1日受付開始)との事

受付の女性にいろいろ聞くと
2時間コースの方が混む(プラチナチヶツト並)
3時間コースの方が、取りやすい

(推定理由)
70才以上全員が、2時間コースの高齢者講習を受講しなければならず、人数も多い
更に、70才~75才未満の人は「認知症検査」を受験する必要がないので、6ヶ月前葉書到着と同時に「高齢者講習」を申込み出来るが、
75才以上の人は、まず「認知症検査」を受けて結果出るまで、高齢者講習申し込めないので、2~5ヶ月も遅れる。

3時間コース(少し、記憶力・判断力低下)は、全員が75才以上であり
叉、申込開始時点も全員認知症検査後と同一条件

通常の高齢者講習を受講して免許更新しょうと思えば免許の期限が過ぎてしまうよ~~

3ヶ月間は申請する事により、免許期限延長出来るが・・・
通常の手順であれば6ヶ月近くかかるので、運転免許期限切れ(認知症検査待ち期間3ヶ月+採点期間1ヶ月高齢者講習待ち期間5ヶ月=9ヶ月)

又、他府県の自動車学校は駄目(北海道等であれば、空いているかも?)

極めて問題である(免許返上をさせる手段なのか?)

尚、比較的早く「高齢者講習」を受講出来る手段として
49~75点を狙い、比較的空いている「少し記憶力・判断力低下している高齢者講習」に紛れ込む。

僅か、1時間の講習時間増と講習会費用2,850円増になるだけ

テスト前に、講習会の混み状況聞いたので、
面子を捨てて、認知症テストを手抜き
したが、、、

ただ、49点以下だったら、大事

尚、運転免許書に、どちらの講習を受講したとか
まして、認知症テストの点数等記載されない

ただ、3時間少し記憶力・判断力低下している人達と講習を受けるだけ…

ひまモグラ

2008年5月リタイヤした年金生活者です(男)

2010年3月 関西⇒関東に転居

2010年11月より、備忘録として日々の雑感を不規則に投稿しています。。