FC2ブログ

近所の桜

日々の生活
03 /30 2019
都内の桜は満開だが、当地の桜はまだ3~5部咲き

最近、花冷えで寒い
当地の最高気温
昨日(2019年3月29日) 9℃
本日(2019年3月30日)12℃

昨日(3月29日)散歩道の桜
例年デパートで花見弁当を買って来て、花見する公園ですが、まだ3分咲き


寒くて、花見客も少ない
DSC_1177ASDFG.jpg
2019329aa.jpg

今日(3月30日)の散歩道の桜

自宅近くの出発地点
2019331A.jpg

散歩途中のテレビ朝日
2019331BB.jpg
TV朝日のチューリップも満開
2019331ccc.jpg

多摩よこやまの道
古代より武蔵野と相模野の双方を眺められる高台として、また西国と東国を結ぶ交通の要衝として活用されてきた尾根筋で、万葉集において望郷や別れを借しむ道筋として防人の妻の心づくしの歌「多摩の横山」が詠われた歴史的な道です。

東京都と神奈川県の県境になっており、右足は東京都・左足は神奈川県と両県をまたぎながら散歩しています。

2019330dd.jpg

多摩よこやまの道の東端(丘のうえ広場)
2019330bb.jpg
2019330kkk.jpg
2019330cc.jpg
2019330hhhh.jpg

さくらの広場
2019330mmm.jpg
2019330eee.jpg

近所の桃の花も5部咲き
2019330ff.jpg

自宅マンションのシダレザクラ
2019330JJJ.jpg

花見(プリンスホテル高輪)

グルメ
03 /25 2019
今日(2019年3月25日)友人と、グランドプリンスホテル高輪に花見兼ランチに出かけてきました。

庭園内にあるステーキハウス(桂)で、桜を眺めながらのランチです。

桜は、まだ3分咲き程度でした。


ランチ席から見る桜
2019325BBB.jpg

桜開花基準木2019325aa.jpg

2019325ccc.jpg
2019325DDD.jpg

今日の料理
2019325rixyouri1.jpg
2019325rixyouri2.jpg
2019325rixyori3.jpg

つくし

散策
03 /21 2019
今日(2019年3月21日)の当地の天気は、
最高気温 21℃ 最低気温 9℃ 晴れ時々曇り

久しぶりに、明治大学農場まで散策してきました。

2019321a.jpg
2019321b.jpg

「つくし」が田の畦に出ていたので、収穫して帰りました。
19321lkj.jpg

2019321c.jpg
2019321D.jpg

帰り道の「多摩よこやまの道」の「エドヒガン桜」と「コブシ」も三分咲き
もう春です。

2019321E.jpg
2019321F.jpg
㊧エドヒガン桜       ㊨コブシ
2019321asdfghj.jpg

株主優待

社会問題
03 /19 2019
3月決算の会社が多いこともあり、最近TV等で株式優待の取得のお薦めが目立ちます。

現在東京証券取引所に3,658社が株式上場しているが、株主優待を実地する会社が年々増え、現在約40%の約1,500社が実地しているとの事

yutaiKDD.png

~株主優待とは、企業(株式会社)が株主に対して品物やサービスを提供するサービスです。優待内容はその企業が取り扱っている自社商品(食品等)や食事券、入場券、お米、地元特産品、カタログギフト、クオカード、割引券など企業によって様々です~


TV放映内容(テレ東:NIKKEIプラス10)
kabuyuutai1.jpg

TV・証券会社共に株主優待のタダ取りを、安易に紹介(お薦め)している。
仕組みを十分に理解せず空売りすると優待価値以上の逆日歩で損する。

TVでは、制度信用で空売りすると逆日歩発生の危険あり等の説明一切なし。

詳細な取引手法・注意点等を解説せず、単に「優待タダ取り」がお得であると放映するは、問題である。

必ず、逆日歩が発生しない一般信用で空売りしなければ危険なのに
kabuyuutai3.jpg

優待タダ取りとは
株価変動リスクを無くする為に「つなぎ売り」し、株主優待をゲットする方法

⇒(例えば)
@2,540円のKDDIの株式100株を254千円で買うと同時に、KDDI株100株を証券会社より借りて買い値と同じ値段の@2,540円で「つなぎ売り」する。(寄付き又は引けで、何方も成行注文すると売り・買い共に同一値段になる)

権利日(配当・株主優待)過ぎると、自分が持っているA社株現物1,000株を渡し決済(返済)する。

僅かな証券会社手数料と株式品借料(年1.5%)のコストで、株主優待品をゲットできる。

但し、制度信用で借りると株式品借料安い(年1.15%)が、株不足になった場合には、逆日歩を支払う必要あり(ゲットする優待品以上の逆日歩料を払う羽目になる)

尚、一般信用で借りると逆日歩は、発生する事ない。


(例:KDDI 100株の株主優待は3,000円のグルメで、その費用は株式売買手数料371円+株品借料41円=412円…費用の20.315%は税金で還付されるので税金還付分控除後費用)


我家は3月決算会社分として、23社分の株式を買うと共に同数の株式を「つなぎ売り」しました。
《23社×2(家族数)=46+α(長期保有銘柄分)もの株主優待品が、僅かな費用で送られてきます》


続きには、「逆日歩とは?」と「一般信用」について、書いています。
興味ある方は、続きをお読み下さい。

続きを読む

桜見

散策
03 /17 2019
kinntarouMMM.jpg
今日(2019年3月17日)金太郎のふるさと南足柄市に『春めき桜』を見に出かけてきました。

南足柄市は、神奈川県の西部に位置し、明神ヶ岳、金時山などの箱根外輪山の麓に広がる緑と水が豊かで美しいまちです。

日本には桜の種類は、約600種類あるともいわれています。
sakura2019317MMM.jpg

今日見てきた『春めき桜』は、ヒカン桜とシナミ桜が農家の庭先で自然交配した品種で、
過去には「足柄桜」と呼んでいたが、2001年に「春めき桜」と品種登録したとのこと。

開花時期は、河津桜より遅いがソメイヨシノより早く咲きます。
赤色も濃く、香りが強い桜でした。


20193171.jpg

小田原経由伊豆箱根鉄道大雄山線富士フイルム前駅下車徒歩5分
富士フイルム工場前の狩川両岸沿いに171本植えられた『春めき桜』
2019317D1.jpg
2019317a2.jpg
2019317c3.jpg
花びらの輪が大きい
2019317B2.jpg

南足柄市の中心部(大雄山駅前)に戻り、昼食
2019317J1.jpg
2019317J2.jpg

大雄山駅前から無料シャトルバスで、富士ゼロックス⇒アサヒビール神奈川工場の桜を車窓で見ながら、一ノ堰へ

一ノ堰ハラネの『春めき桜』
神奈川県南足柄市怒田丘陵の斜面に植栽された約120本の『春めき桜』が、ひな壇状に咲いていて見事でした。
2019317H1.jpg
2019317F1.jpg
2019317qqq_censored.jpg
2019317mm.jpg

おやつを買って帰宅
DSCF6393CCCA.jpg

孫の卒園式

日々の生活
03 /15 2019
2019315kja.jpg


今日(2019年3月15日)は、孫の卒園式でした。

2019315a.jpg
1552633161887.jpg
2019315Da.jpg

昨年の卒園式で、袴を着ていた男の子がカッコ良かったので、自分も袴姿と言って一人袴姿で出席

2019315c.jpg
2019315b.jpg

おばあちゃんと
2019315E.jpg

ホワイトデー

日々の生活
03 /14 2019
今日(2019年3月14日)は、ホワイトデー
20193142.jpg

女房へのお返しチョコと自分用チョコ
20193141.jpg
㊧女房分       ㊨自分用

自社株持株会

社会問題
03 /12 2019
 『欠陥エアバッグ問題で経営破綻(はたん)した自動車部品大手タカタの元社員9人がインサイダー取引をしたとして、証券取引等監視委員会は、金融商品取引法違反の疑いで計約800万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した』との事(2019年3月1日)
2019312w2.jpg

2019312w1.jpg

元社員らは40~60代の男女9名で、2017年6月に米自動車部品メーカーへの事業譲渡や民事再生法の適用申請を行うことを知って公表前に売り抜け、14万~183万円の損失を回避したと認定された。

売り抜け時の株価は400~500円ほどだったが、公表直後に35円まで下落していた。


もともと優良株であり、2006年上場時は高値5,170円
その後も株価2,000円から3,000円の地相場だった。

不良品の不祥事が起きたのちも、割と株価が頑強であり、400円台をキープしていていた。
社員たちは・・・・もはやこれまでと諦めて
財産だと思って持っていた自社株を400円台で損切~~↓↓

そのあと、倒産して15円の株価でタカタは上場会社としての運命を終えた。

2019312E.jpg

証券等監視委員会はタカタ社員たちが倒産前に持ち株を売ったことを咎めて
倒産前の400円台の売却代金と倒産後の15円の株価の差額を
元社員から没収!!!!!!!

何千円の優良株を持っていたはずが、捨て値の安値400円台で泣き泣き損切し、
その上にインサイダー取引と罪を問われて、なけなしの売却代金を国家に没収~~~

2019312mn.jpg


社員9名の持株は、400株~4,100株を約100万円~1,025万円で購入し、16万円~197万円で叩き売り(平均@2,500円で購入したと計算)
売却代金の殆どは、没収され僅か6千円~61千円が残っただけ

社長や専務や取締役の幹部役員が
倒産発表前に率先して持ち株を売るのは犯罪だろう。

だが一般社員、主任や課長は経営にタッチしていないのだから
「自分の会社はもうヤバイな・・」と思って
倒産前に持ち株を捨て値で損切ることくらい、大目にみてあげても良いのでは???

サラリーマンは自社株を買うのは、リスク管理上も問題
まして、万が一、自社が倒産しそうになったとき
自分の持ち株を売ると犯罪者扱いされ、連行され、売却代金没収

20192311.jpg


このタカタ事件のニュースを見てサラリーマンの自社株取得は再考する必要があると思い、ブログ掲載しました。

(日本の自社株持株会制度)
2019312b.jpg

上場企業の多くや、一部の未公開企業の中に「従業員持株制度」というものがある。
これは、従業員が毎月一定の金額を拠出し、共同で自社株を買い付けていく仕組みだ。

 上場企業のほとんどで導入されているほか、未公開企業の中にも従業員持株会が組織されている企業はたくさんあり、一般的に「福利厚生制度」として位置づけられている。
企業には、さまざまな福利厚生制度があるが、中でもこの従業員持株会は、多くの社員に対して加入するよう会社が積極的に勧めているところが多い。

<経営者から見て>
(1)株主構成が安定し、敵対的買収に対する抑止力になる
(2)社員の忠誠心の向上になる
(3)会社が上場を目指す場合に、資本政策面における安定化の一助となる

従業員のメリットとしては、
(1)1,000円から手軽に始められる
(2)天引きで積み立てられる
(3)奨励金が付与される場合がある

東京証券取引所が2017年の10月に行った調査によれば、奨励金を付与している会社は96.6%に上り、その付与率も5〜15%程度のところが約75%だ。中には、奨励金100%という驚くべき会社が4社もある。

さらに言えば、この奨励金の金額は毎年増加を続けており、同調査で全ての持株会実施企業の平均は8.1%となっている。

今どき8%以上もの利子補給が行なわれる資産形成法などは、どこを探してもないだろう。これは、かなり有利な制度だと言える。

なぜ、こんな大盤振る舞いが行なわれるのかといえば、前述の企業側から見たメリットが大きいと言えるからだろう。

しかし、いくら自社株とはいえ投資するのはあくまでも株式だ。価格変動のあるものなのだから、単に奨励金の多寡だけで決めるのは早計に過ぎる。

だが、従業員持株会には、大きな問題点がある。
それは「リスクの過度な集中」だ。

サラリーマンにとって、会社の給料が収入の全てだ。
フローの収入は、ほぼ全てを会社に依存している。

会社の株式を持つというのは、そうしたフローの収入に加え、ストックの資産まで会社の収益に依存することになる。
資産を分散すべきという資産管理の大原則からすれば、明らかにリスクの過度な集中で、決して適切とは言えない。

会社が倒産、倒産せずとも業績不振で株価暴落の危険は十分にある。

従業員持株会といえども、単なる株式投資に過ぎず、しかも投資する先は自分が生活の糧を得るための会社であるということを忘れてはいけない。リスクの取り過ぎは避けるべきだ。
2019312D.jpg

『勤務先の株式で資産形成すべきでない』との考えは、若い頃からの自分の持論

転籍した会社の役員・従業員に対しても、親会社の持株会に加入する様、親会社から再三の加入促進があったが、総務担当役員だった私は、積極的に加入促進しなかったので、親会社から睨らまれていた(自分だけが、立場上止むを得ず加入し、他は誰も加入しなかった様に覚えている)


尚、その親会社の株式は、現在も保有している。
万一の際は、終身企業年金停止・保有株式も紙くずになるが、長年勤めた会社でもあり退職金も貰ったので諦める事に

『会社の成長とともに株価が上昇することで、自分の資産も増えるという好循環が起きる』のは、かっての高成長時代の事

定年退職前の人は、『自分の金融資産のほとんどが、自社株』という様にならないように、リスク管理される事をお勧めします。

証券取引等監視委員会の勧告書
https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2019/2019/20190301-1.htm

法事

日々の生活
03 /10 2019
今日(2019年3月10日)、義父母の13回忌の法要を自宅で執り行いました。

2019310m1.jpg

関東の場合は、お寺又は墓地で法要を行う場合が多いようですが、関西流に子・孫を自宅に集め、和尚さんにおいで頂きました。
2019310Nn2.jpg

自宅仏壇で僧侶に読経をあげて頂いた後に、子・孫を引連れて霊園へお墓参り


2019310b.jpg

お墓参りの後、近くのホテル(京王プラザホテル多摩)で会食

20193105.jpg

2019310ttttqa.jpg

2019310z1.jpg

会席料理(ホテルの写真)
2019310rixyouri1.jpg

今日実際に出された料理(上記写真通りでした)
2019310z3.jpg
先 付
2019310qqqA.jpg

椀物(鯛真情丈他)
2019310z4.jpg

お造り(トロ・鯛・海老)
2019310z5.jpg

焼物(鰆・春野菜浸し)
2019310z6.jpg

中皿(牛フィレ香り焼き・焼野菜)
2019310z7.jpg

蒸物(活鮑磯蒸し・おこげ)
2019310z8.jpg

煮物(百合根饅頭・筍・菜の花・銀餡)
2019310z9.jpg

食事(焼きおにぎり茶漬け・カラスミ、香の物)
2019310z10.jpg

水菓子(オレンジ・メロン・苺・わらび餅・クリーム)
2019310z11.jpg

お子様洋風セット(ハンバーグ食べた後の写真)
2019310z12.jpg

ひな祭り

日々の生活
03 /03 2019
今日(2019年3月3日)は、桃の節句

201933BB.jpg

我が家のお雛様
201933a.jpg

ちらし寿司と蛤の吸い物
201933h.jpg

ひまモグラ

2008年5月リタイヤした年金生活者です(男)

2010年3月 関西⇒関東に転居

2010年11月より、備忘録として日々の雑感を不規則に投稿しています。。