FC2ブログ

古稀

日々の生活
01 /29 2015
2015年7月26日 古稀を迎えました。
嬉しくもあり、少し淋しくも
古稀~唐の詩人杜甫の詩「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)
次は、心身共元気で、喜寿(77才)を迎えるぞ!

25日(日)子・孫が集結して、自宅でお祝い会
70謇崎ェ慕函譌・_convert_20150127232511
古稀祝いの紫色のセーター(還暦は赤色、古稀・喜寿は紫色)
DSC02443_convert_20150129142656.jpg
26日(月)大阪で同期会(皆、年取ったが、元気)
28日女房と二人で馴染みの鮨屋へ
大間のマグロ(とろける様な大トロでした)DSC_1286_convert_20150129142617.jpg
マグロの赤ちゃん(16Kgのマグロ)…結構美味しかった
DSC_11_convert_20150129142550.jpg
イカ(柔らかく美味しかった)DSC_1287_convert_20150129142639.jpg

競馬

日々の生活
01 /25 2015
三菱東京UFJ銀行より、競馬観戦の案内(特別席で観れる)があり(近所の東京競馬場の時に申し込んだが、抽選外れ)
同時に、ネットで馬券を買えるシステムの紹介もあり(最近何度も紹介のメールが届く)
試しに、23日夜ネットで口座開設(2分もあれば手続完了し、即30,000円入金)
24日40年以上振りに馬券を買う(買ったと言っても、24・25日の2日間でたったの2,800円だが)

三菱東京UFJ銀行の様な、我国を代表する銀行が、競馬を勧めるような事して良いのか疑問に思う
更に驚いたのは、クレジットカードでも馬券が買える(負けると銀行子会社のサラ金で借りさせる魂胆か)


(銀行よりのメール)

img008+(3)_convert_20150125202929.jpg

「博打は最初は勝」 との言い伝え通り、2日間で2,800円の投資で9,210円の払戻と6,410円の利益

特に、今日(25日)中山競馬のメインレース(11R)は、たった1枚(100円)だけ大穴馬券を買ったが、見事取る(86.9倍)

子供の遊び程度以下の金額しか買わなかったが、競馬にのめりこんでは大変と中央競馬の口座資金は全額、引き揚げた~もともと、馬の名前が覚えられない(カタカナ苦手)ので、競馬には向いていない
11R枠連6-7が的中(8,690円の払戻)
24日30,000円入金したが、25日残高全額(36,410円)出金し、もうしない
株の方が、まだ頭を使う紳士の博打かも(競馬の様に25%も経費ピンハネしないし、一応社会に貢献している)


img008+(2)_convert_20150125205741.jpg

伊勢神宮お礼参り1/2

旅行
01 /12 2015
2015年1月7~9日 伊勢神宮にお礼参りに行ってきました。

7日15:30横浜港より、我国最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」に乗船

さすが大きい(全長241メートル 全幅29.6メートル 乗客数872名 乗組員数約470名)
DSC02281-・「_convert_20150111224720
客室ステートFに乗船(7階18.4㎡)~ツインベッド ・テレビ ・DVDプレーヤー ・バスタブ ・シャワー ・シャワー付トイレ ・冷蔵庫 ・金庫 ・ドライヤー ・バスアメニティ 付
DSC02287・「_convert_20150111224450
船中前方から前の廊下を撮影しているが、長-い!
DSC_1240A_convert_20150112154412.jpg

11デッキ バームコートでウエルカムドリンク~出港まで、まだ1時間半もあるので、良く飲み食いした
DSC02290・「_convert_20150111231142
16:00から船会社からの「船内生活オリエンテーション」⇒「新春鏡開き」⇒7デッキで「セイルアウェイ・パーティー(出港セレモニー)」と続く
DSC02298・「_convert_20150111231910
17:00やっと出港したので、踊って喜ぶ…無事出港が当然の事だが?
DSC02302・「_convert_20150111232205 17:30より夕食
…飛鳥の夕食は、1回目17:30~ 2回目19:45~の2回に分かれている(幸い1回目だったが)
乗組員の大半は外人(東南アジア・ラテン系約50% 西洋人約20% 日本人約30%)で、決まった言葉しか通じないDSC_1235・「_convert_20150112100251
夕食後もイベント(講演会・ミニショー)が続き、夜食を食べ入浴後24:00頃就寝
シヨップ(相当高いが、結構売れている)
DSC_1243_convert_20150112103413.jpg
DSC_1248_convert_20150112103433.jpg
ゲームに勝っても、賞品のみ(日本国籍の船の為、現金交換はダメ)
DSC_1241繝サ・」_convert_20150112102945_convert_20150112103239
8日朝食後、船内でビンゴゲームがあり、一番にリーチ掛るも、最後までビンゴにならず(結構良い賞品が多数あったのに!残念。。。)

8日09:00名古屋港に着岸(下船できたのは9:55…名古屋港入港から約2時間後)

船はクラブツーリズムの貸切で、約600名参加。名古屋港から各コースに分かれた(行き先・宿泊ホテル等が微妙に違うコースが多数あり、同じコースの参加者は約1割の56名のみ(バス2台)DSC02313・「_convert_20150111235156
熱田神宮(名古屋市)に参拝~三種の神器の1つ、草薙剣を祀る神社で、社格も高い神社
DSC02316・「_convert_20150111234536
三重県松阪市に移動し、昼食(松阪牛のすき焼き)
14:30頃伊勢神宮外宮に到着

DSC02318_convert_20150112104805.jpg
外宮(正宮)さまにお礼参り~伊勢神宮(外宮・内宮)に対しては、お礼だけでお願いしてはいけない…病気からの無罪放免のお礼を申し上げた。DSC02322_convert_20150112105234.jpg
手前は、遷宮前の敷地、左側が現在の外宮(正宮)
DSC02319_convert_20150112105301.jpg
別宮でお願い事をする(別宮さまは、お願い事を聞いて下さる)DSC02323・。_convert_20150112110230
16:00過ぎにホテル(志摩観光ホテル)に到着
DSC02329・。_convert_20150112110932

9日9:00 ホテル(賢島)を出発し、伊勢神宮・内宮へ
9:50前には、内宮に到着、宇治橋(五十鈴川に架けられた内宮の表玄関)を渡るDSC02331・。_convert_20150112112109
五十鈴川御手洗場で清めてからお参り
DSC02334・。_convert_20150112113432
旅の主目的である内宮さまへのお参り(外宮⇒内宮へのお参りが正式)
DSC02337・。_convert_20150112113836
パワースポットだとTVで騒がれている杉の木(皆が触るので、ピカピカになっている)~神宮(伊勢神宮の正式名称)側は、敷地内総てが、パワースポットですと言っているが。。。
写真右上に御光がさしており、パワースポットに間違いないかも?
DSC02338-・。_convert_20150112121445
内宮でも別宮の神様にいろいろお願いした(内宮さまはお礼のみ)
DSC02342A_convert_20150112161408.jpg
おはらい町(宇治橋から五十鈴川に沿って800mの風情ある石畳みの道…一応市道715線で車の通行も出来るが、参拝者であふれている
DSC02347A_convert_20150112161913.jpg
おかげ横丁~1993年、伊勢神宮内宮門前町「おはらい町」の中ほどに、お伊勢さんの「おかげ」という感謝の気持を持って江戸時代の伊勢の様子を再現した町
DSC02357・。_convert_20150112163927
夕方 「たなばの里」(三重県桑名市)へ
ベゴニアガーデン
DSC02370・。_convert_20150112164751
DSC02365・。_convert_20150112165034
17:15点灯のイルミネーシヨン
700万球で9年連続日本一で、冬の澄み切った空気の夜に、きらきらと輝くのは幻想的で、実に美しかった(お伊勢参りの付録で行ったお奨めです)
DSC02380・。_convert_20150112170255
DSC02415_convert_20150112170759.jpg
DSC02422・。_convert_20150112171040
寒かったが、価値あった
DSC02388・。_convert_20150112171350
名古屋駅20:27発ひかりで帰路へ(新横浜21:52着 無事23:15自宅へ帰宅)

総 括
今回は病気からの解放に対するお礼参りが出来て、一安心
1)船 旅
・結構良かった
・食事も思っていた以上に美味しかった
・但し、時間掛り過ぎなので片道利用程度が良いかも
・思っていた以上に揺れた(北欧の船は、殆ど揺れなかったが)
・適当な船旅を探して、又船旅しょうと思っています

2)志摩観光ホテル
・皇族・外国人も宿泊される景色の良い名門ホテルだが、やや古い
・フランス料理は評判通り美味だった
・料理目当の宿泊客も多いとの事だが、温泉・和食派の人は、姉妹館の「賢島宝生苑」がお勧め
・グラスワイン一杯(と言ってもグラス半分もない)が、@1,800円とやや高い(美味しいワインだったが)

天候にも恵まれて、楽しい旅でした。
今年も良い年になりそうです。

伊勢神宮お礼参り(食事編)

グルメ
01 /12 2015
今回の旅行の料理は総て美味しい料理に恵まれて、満足できる旅でした。
飛鳥Ⅱ~日本国籍の船でもあり、味付け等繊細な料理だった(飛行機のビジネスクラスの料理より何倍も美味しい)又、カフェ等の軽食・飲み物等も無料で美味しく、夜食まで準備されているので、船旅は肥える(食べなければ良いのだが、ついつい飲み食いしてしまう)

8日昼食(松阪市)の「すき焼き」~ツアーの昼食としては、美味しい肉だった。さすが、松阪牛の本場。佃煮を買って帰った。


志摩観光ホテル~料理目当てで宿泊する人が多いらしいが、美味しいフランス料理でした。特に伊勢海老のスープは絶賛

飛鳥Ⅱ乗船そうそうのドリンク
~ワイン・コーヒー・ケーキ・チョコレート等総て無料
DSC_1215_convert_20150111195134.jpg
飛鳥Ⅱの夕食
img014+(2)_convert_20150111200129.jpg
ご参考(おせち料理のいわれ)
img015+(2)_convert_20150111200835.jpg
御祝酒・御箸付・御造里・御祝重
DSC_1224_convert_20150111181631.jpgDSC_1226_convert_20150111181723.jpg
羊と鶴(小さいのに、手がこんでいる)
DSC_1232_convert_20150111181835.jpg
多喜合わせ(鶴子芋・筍・梅花人参・牛蒡・蓮根・椎茸)
DSC_1233_convert_20150111181906.jpg
鯛塩焼き・御多福豆・初神
~小さめの鯛だが、一人一尾も食べられない
DSC_1236_convert_20150111182530.jpg
御食事(御赤飯)と飛鳥風雑煮・香の物
DSC_1238_convert_20150111182550.jpg
水菓子(メロン)
DSC_1239_convert_20150111182615.jpg

夜 食(うどん・七草粥・七草シューマイ・フルーツ・コーヒ等)
DSC_1245_convert_20150111182703.jpg
飛鳥Ⅱでの朝食は、和食又は洋食(バイキング)
DSC_1256_convert_20150111203401.jpg

8日昼食(三重県松阪市)~さすが、松阪牛の本場で美味しい牛肉だった
DSC_1258_convert_20150111182730.jpg
志摩観光ホテルの夕食(フランス料理)
DSC_1260_convert_20150111182752.jpg
(アミューズ)
DSC_1261_convert_20150111182815.jpg
伊勢海老・鮑テリーヌ・野菜サラダ添え
DSC_1262_convert_20150111182833.jpg
伊勢海老クリームスープ~すごく美味だった
DSC_1264_convert_20150111182854.jpg
黒鮑ステーキ 2色ソース
DSC_1265_convert_20150111182915.jpg
牛フィレ肉ステーキ・きのこのシャスールソース・ジャガイモのパレット添え
DSC_1266_convert_20150111182936.jpg
デザート
DSC_1267_convert_20150111182956.jpg
コーヒー
DSC_1268_convert_20150111183017.jpg
志摩観光ホテルでの朝食(一皿づつ運んでくるが、一度に持ってきて欲しかった)

DSC_1269_convert_20150111185737.jpg
9日の昼食は、内宮前おかげ横丁の「はいからさん」のはいからカレー+いろいろ食べ歩き~皆、結構美味しかった
9日夕食は、名古屋駅地下街で「ひつまぶし」を食べたが、ここだけは失敗でした(本場の筈なのに高いだけでした)

ひまモグラ

2008年5月リタイヤした年金生活者です(男)

2010年3月 関西⇒関東に転居

2010年11月より、備忘録として日々の雑感を不規則に投稿しています。。