FC2ブログ

冬の味覚(蟹)

グルメ
11 /16 2019
兵庫県豊岡市(日本海側)の知人より、蟹を5尾も送って頂いた(生きていた)

もう蟹の季節、一年が速い


20191116kani.jpg

今宵(2019年11月16日) 早速「かにすき」で食しました(美味しかった!!!)

正倉院展&天ぷら

日々の生活
11 /13 2019
今日(令和元年11月13日水曜日)
上野の東京国立博物館に『 御即位記念特別展 ~正倉院の世界(後期)』 に行ってきました。

自宅を10時30分出発し、地下鉄銀座線京橋で途中下車し、『てんぷら深町』でランチ(11:30⇒13:10)

博物館には、13時53分到着、70分待ちの長蛇の列
14時55分入館

10月30日鑑賞の前期の展示品とは、半数が入れ替わっていた程度でした。

20191113正倉院1
20191113正倉院2

東京国立博物館のメンバーズになっており、今日更新してきました。
会員になると、国立博物館4館(東京・京都・奈良・九州)の総合文化展(平常展)が何度でも観覧出来、また、東京国立博物館の特別展観覧券4枚貰えます。

20191113正倉院3

展示品の半数は、前期で見ていたので、今日は16時15分頃退館

帰路三越前で途中下車し、三越日本橋本店へ
(シニア向けも多数販売している…三越銀座店・伊勢丹新宿本店等はシニア用が少ない)

20191113三越

買物済ませると、もうラッシュタイム
久しぶりの超ラッシュ電車で自宅到着19時過ぎ

京橋でのランチ⇒上野での特別展鑑賞⇒日本橋三越本店での買い物と、一日に3件も
残業した様な気分で、疲れた!



今日のランチ
『てんぷら深町』~「ミシュランガイド東京」で連続星を獲得している予約困難店

20191113深町1

カンター席12名の落ち着いた店内
20191113深町2ボカシ

上から海老の頭唐揚げ・車海老(2尾)・銀杏
20191113深町3
キス・帆立・金沢の蓮根
20191113深町4

栗・2段目・3段目共にウニ(大葉で北海道産の上質なうにを包んで揚げており、パリッとした大葉と中がレアなうにとの融合が超美味)
20191113深町5
椎茸・アスパラ・穴子
20191113深町6
天丼・天茶・リンゴのアイス
20191113深町7

緑と道の美術展&会席(愛媛フェア)

散策
11 /07 2019
私の散策コースの一つである「よこやまの道」で、美術展が開催されている。

尚、私の散策コースは、住宅地コース、公園コース、田・畑コース、よこやまの道コース、買物コース等があり、その日の天候・気分で選んでいる。


黒川美術展①

散策林間コース(よこやまの道)スタート地点
道展示スタート時点

よこやまの道(県境の道で、右側東京都、左側神奈川県)
多摩丘陵の尾根道で、古代~中世~江戸時代に渡って政治、軍事、文化、産業、社寺参詣などを目的として、東国西国間の交易を行う商人や武士団、諸国霊場を行脚する巡礼者や都の貴人・官人、また幕末には新選組ゆかりの人々も行き来したと推測され、歴史とロマンを感じることのできる道です。
万葉集では望郷や別れを惜しむ道筋として「多摩の横山」が詠われています。

よこやまの道



展示作品は25点でした。
自分には理解できない作品ばかりでしたが、一部の作品の写真と作者のコメントをUPしましたので、興味ある方ご覧下さい。


(「13」について )
わたくしのKPシリーズ パート2。
2018年は「9」について、2019年「13」について考えます。

作品3

( みつめる )
石の魂として捉えられた量が生命力に満ちているように思う。
どっしりとしたやわらかい佇まいが安心感へと繋がり、つい触れたくなるような彫刻を目指しています。

みつめる

( Round Eyes Woman )
自分は普段形態に興味あり、それについて制作をしています。
今回は頭部の魂としての魅力を表現したいと考え、パーツを造らずに、目を円にして内面性よりも形態感が見えてくるように作成しました。

Round Eyes Woman

( GROWING FORM 1984 )
かたい金属をやわらかい形状に加工しながら、制作しています。
時として自分の生涯や出来事と置き換えたり、あるい宇宙の始まり、地球をテーマに。今の時代は、自分がどう関わったかという意味を作品に残したいと思っています。

6GROWING FORM 1984

( 放棄 )
家庭内暴力やひきこもりなど家庭・家族の問題をガーデニングの素材を使い象徴的に表現する。~(町内会の清掃道具置き場かと思った…)

放棄

( たぬきじぞう )
姿のみえない、かたちを持たないものに、確かな存在を与えたいです。13たぬきじぞう

( 夢違え )
「夢違え」とは悪しき夢を良き夢に転じるという意味です。<
言葉とは人に伝えるものだし、伝わらなければ意味ない。昨日優しかった人が今日は違ったり、昨日まで元気だった人が今日はもう居なかったり、昨日まで元気だった人が今日はもう居なかったり、さっきまで好きだった人は今は憎く思える。人に関する言葉では言い表せない事を人型の像を投じて伝える可能性を模索しています。

14夢違い


( ふうららりの舞 )
もし 言葉や、あらゆる境界がないとしたら。世界はどこまでも繋がり、果てしなく広い。彼方に見える精霊たちは自由に泳いでいる。それはとても気持ちよさそうに。
15ふうららりらの舞

( 発掘 )
里山に足を運び炭を焼くアートを続けるなかでオキ炭と灰の発見から大を操る技術を知り文化が生まれたことを痛感する。
集い語らう場の土器-オキ炭で熱した灰の力でゆっくりと食べ物を煮込むためのものである。

16発掘

( オオモリモリ )
家にはヤモリ、井戸にはイモリ、森にはモリモリ、黒川にはオオモリモリがいるのすです。
19オオモリモリ

( 遺 物 )
太古の昔から世界各地で行われてきた磐座への信仰は自然に対する畏怖の念と、神秘性から生まれた。
櫓を組んだ画一的なH鋼の上に置かれた石は鑑賞対象としての枠を越え礼拝対象としての価値が生まれた時は来るのだろうか。
21遺物

( うつす )
日々、落ち葉を掃き枝を切り草を取ったりすると、すっと風が通り陽ざしが射し込みます。
そんな作業を石にうつしかえてしてみたいと思っています。

22うつす

( おもいをはせる )
「黒川という地名はどこから来たのだろう?」と調べてみたら、三沢川の源流域の水が透明で、底が黒くみえたからと言われているそうです。澄んだ水に身を委ねるようなイメージで制作しました。
23おもいをはせる

( energy:symbol )
不可視なエネルギーを可視化するという作品制作を継続し続けてきました。
最近は重力というエネルギーや記号などに興味をもち、空間の中でインスタレーション的に記号やパーツを構成し配置しました。

tennji①

今日(2019年11月7日)の夕食は、近所のホテルの日本料理店の愛媛フェアーのチラシに釣られて、食べに行きました。

戸島ぶりのしゃぶしゃぶ・宇和島鯛等愛媛の美味を堪能でき満足(芸術より食でした)

2019117①
2019117②
2019117③

ひまモグラ

2008年5月リタイヤした年金生活者です(男)

2010年3月 関西⇒関東に転居

2010年11月より、備忘録として日々の雑感を不規則に投稿しています。。